福岡県北九州市で、
時計の修理にお困りですか?

We repair the wrist watch in Kitakyushu City, Fukuoka Prefecture.

初めまして。

時計修理工房の岸(きし)と申します。きょうは福岡県北九州市にて、時計の修理やオーバーホールができるお店をお探しでしょうか?もしその通りでしたら、今から5分だけお時間をください。おそらく私たち時計修理工房が、お客様のご要望にお応えできるのではないと存じます。

(文字ばかりのホームページで申し訳ございませんが、本来のホームページはちゃんと存在しておりますのでご安心ください。)

まずは北九州市の修理実績をご覧ください。

私たち時計修理工房は、日本全国のお客様から時計の修理をご用命いただき、年あたり6,000ちかい修理実績がございます。まずは福岡県北九州市のお客様の修理実績をご覧くださいませ。

ORISのオーバーホールを完了致しました。(福岡県北九州市/J様)

「腕時計の購入は、もう22数年前ですが、何度かオーバーホールをしており、今も動いています。」

長らく大切になさっているという、J様のオリスをお任せいただきました。
実際に内部を拝見いたしますと、お時計の内部には水分の混入が見受けられました。水分は、すぐに悪さをしない場合にも、機械オイルを劣化させたり部品のサビつきを進行させる原因となります。問題なくお使いいいただけているときこそ、内部の状態悪化は予想できないものでございますね。このたび、メンテナンスとしてのオーバーホールをされたご判断はとてもよろしかったのではございませんでしょうか。
また、なぜお時計に水分が混入してしまったかと申しますと、リューズ部分のパッキンが劣化してしまっていたためでございました。劣化したパッキンがお水の侵入を防ぐことができなかったわけですね。パッキンは、オーバーホールは行わないまでも定期的なサイクルで交換することがベストでございます。このたびのオーバーホールに加え、出来るのであればこのパッキンを新しいものに交換させていただきたかったのですが、特殊な形状のため、お探しいたしましたがご用意することが叶いませんでした。そのため、洗浄とシリコン塗布にて対応させていただきました。結果的にお時計を非防水状態でお使いいただくこととなりましたが、これまでに加え、より一層お時計への心配りをなさっていかれることと存じます。

「オーバーホールをお願いした腕時計を、今日受け取りました。
また元のように愛用出来るので、とても嬉しいです。どうもありがとうございました。」

と、後日お喜びのお言葉を頂戴致しました。ありがとうございました。また、お手持ちのほかのお時計のメンテナンスもお願いしたいと仰っていただき、たいへん光栄でございます。これからも長くご愛用いただけるよう、お困りのことがございましたらいつでもご相談くださいませ。

オリスの進みの症状の改善を承りました。(福岡県北九州市/H様)

本日私が担当し、職人にご相談させていただいたH様のオリス。1日に20、30分の進みの症状が見受けられるとのことで、私どもにお時計をお任せ下さいました。

私平野がこれまでに受け付けたお時計は、油の劣化や歯車軸の摩耗、異物の混入による「遅れの症状」でのご相談が多く、今回のような「進みの症状」がどういった原因で起きうるのかが気になり、見積前ではございましたが職人T様に詳しくお話を伺いました。

「ヒゲゼンマイの絡まりや歪みによる不具合の可能性が高いね。ヒゲゼンマイってのは調速の役割を果たすテンプ(人間で言うところの心臓だね。)についてるぐるぐる巻きの細いゼンマイだよ。裏蓋がスケルトンのものだとよく見えるね。ほらここの輪っかの下にヒゲみたい・・・ではないけど、スプリング状の部品があるでしょ。この部品が磁気とか劣化した軸油でくっついちゃったりするんだよね。たぶんだけどそれで進みの症状が出てるんじゃないかな。あ、ちなみにクオーツだと磁気帯びで遅れの症状が出ちゃうんだよ。面白い違いだよね。」

と、時計の部品の説明も含めて、「平野くんも時計修理してみれば分かるようになるよ。職人になってみるのはどう?」と冗談を交えつつ、詳しく、熱く、丁寧にお教えくださいました。

実際のお時計の裏側のお写真をご用意致しましたが、少々見辛いかと存じます。申し訳ございません。もし、お使いのお時計のヒゲゼンマイを見てみたいというご希望がございましたら、私どもにお預けする際に仰って下さいませ。別途料金を頂戴する場合もございますが、担当する職人に頼み、お時計内部のお写真をご用意させて頂きます。

ROLEXのオーバーホールを承りました。(福岡県北九州市/A様)

お時計は衝撃に強くございません。ゴルフはもちろんの事、自転車の衝撃も良くないと職人より伺っております。大変、繊細に作られているのですね。
実はこのような場合、お時計にも保険が適用できる場合があるのです。時計は携行品扱いとなり、既にご加入されている家財保険が適用できるケースがございます。故意に破損をさせた場合は適用外となりますが、A様の様に不慮の事故であれば適用される事が多くございます。皆様も一度、ご加入の保険をご確認くださいませ。

私たちにできること。

そもそも、私たち時計修理工房はその名の通り、時計のメンテナンスを承る仕事をしております。ここで申し上げる時計とは、ロレックスオメガフランクミュラーなどの腕時計が主で、壁掛け時計、置き時計なども条件が合えば対応しております。

例えばオーバーホール(分解修理)はもちろんの事、リューズやゼンマイの故障にともなう交換作業も可能ですし、ガラス、ベルト、外装に出来てしまった傷を磨いてなんとかしたり、交換することも可能です。ですからお客様のお手元にある時計も、当然お直しできるということです。

具合の悪くなってしまった時計を手入れして、お客様にお納めすること。これが私たちにとって、たいへんやりがいのあるお仕事です。何故ならば、時計を直すついでにお客様にも喜ばれるからです。これほど光栄で、幸せなことはないと断言いたします。

簡単に実績をお伝えいたしますと、いま私たちは月に400本の時計を、日本全国にお住まいのお客様からお預かりしています。(福岡県北九州市からも月に数回は、お問い合わせをいただいております。)このうち見積もりにご納得をいただき、修理に進む時計が9割近く。創業から今日に至るまでの間に、ご用命をくださいましたお客様は 18,000 を超えております。

時計の修理にかかる費用について。

「北九州市 時計修理」「北九州市 腕時計 オーバーホール」などの語句を並べて検索をなさったお客様にとって、安心して任せられる店舗(加えてスタッフの人柄)であるかはもちろんのこと、時計の修理にかかる費用を知りたいというお考えはごもっとも。私たち時計修理工房は、お客様の金銭的な負担をできるだけ小さくしながら、お手伝いをしたいと考えます。

包み隠さずお話しましょう。腕時計の修理に掛かる費用の65%は、職人さんの人件費です。時計を分解して丁寧にチェックしながら、故障の原因を突き止める作業だけで、ひとつあたり2〜3時間掛かることも珍しくありません。

また修理内容によっては、時計内部のパーツを(直径数ミリの歯車も含めて)全部バラし、洗浄機に掛けたうえで、数種類のグリス(油)を使い分けながら組み立てることもあります。これを分解修理(オーバーホール)と呼びますが、ロレックス、オメガの複雑なタイプは1日がかりの作業となります。

どうか単純計算で構いませんから、時計修理に掛かる時間と手間が大きいことをご理解ください。くわえて修理のノウハウは簡単に身に付かないことも…。私たちは職人さんが過去に積み重ねた経験や、培われてきたセンスにも対価をお支払いをしたいと思います。

このほか20%は、あらかじめストックしておいた部品や、メーカーさんにお願いして届けてもらうベゼルやガラスの費用です。多くの自動巻時計が高級品ですから、それなりに立派な費用が掛かります。職人さんもほとんど利益を乗せられません。

残る15%が、弊社スタッフ人件費、そして事務所の家賃やホームページ、管理システムの運用コストになります。あと、お客様にお届けする送料もここに含まれています。

修理費用は職人さんや、サービス窓口のスタッフの生活も掛かっています。基本的には値引きなどの価格交渉には応じられないことを、どうかご理解くださいますようにお願いします。儲かるか、儲からないかのギリギリのところでやっています。

ここまで読まれてしまうと、なかなか言い出しづらいかもしれませんが、もし予算に限りがある場合は、遠慮なく仰ってください。私たちとしても、なるべく、ご予算に見合った修理内容を提案したいと考えております。

 

私たち時計修理工房は、
北九州市の腕時計を修理します。

ようやく本題です。もし私たちに「修理の見積を任せてもいいかな」と思って頂けたら、下記のフォームから「無料郵送パック」をお申込みください。日本国外で購入なさった時計でも、保証書がなくとも喜んで対応させて頂きます。腕時計に限らず、懐中時計や柱時計も修理します。

このフォームへの記入に、5分ほどお時間を頂けませんか?

そのあとは福岡県北九州市のご自宅や、お勤め先に「無料郵送パック」が届くまで、2〜5日ほどお待ちください。(もし1週間が経過しても到着しない場合は、メールアドレスや、お届け先の誤りが考えられますので、お電話にてお尋ねいただけますと幸いです。)

「Yahoo」や「ホットメール」など配信エラーが生じやすいアドレスの方に、メールがお届けできないケースが発生しております。
できるだけ他のメールアドレスをご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
また、メールの返信が届かない方はフィルターなどの設定をご確認いただくか、お手数をお掛けして恐縮ですが、改めてお電話(070-6410-2739)くださいませ。



もちろん電話での問い合わせも歓迎しますが、どちらかというと問い合わせフォームから頂くほうが、丁寧な対応が可能です。(限られた人数で時計修理のお見積もり、受付を行なっているものですから、どうかご理解ください。)

担当者直通PHS:070-6410-2739

この電話には AM 10:00 〜 PM 7:00 まで対応しております。

時計修理工房
について。

商号 時計修理工房
店長 岸 孝政(きしたかまさ)
サービス拠点 〒451-0042 名古屋市西区那古野1-15-18 那古野ビル南館 214
修理拠点 セキュリティ保持の観点から非公開としております。
何卒ご了承くださいますよう、謹んでお願い申し上げます。
定休日 日曜日・祝日
電話対応時間 10:00〜19:00 窓口は18:00までの受付です。
電話番号 070-6410-2739
Web 受付時間 年中無休/24時間受付中
Web 受付窓口 当ページよりお申込みください。
創業 2012年2月1日(2014年2月に株式会社修理工房として法人登記)
資本金 5,500,000円(平成24年3月現在)
従業員数 5人

 

(改めて修理の相談を寄せられますか?ページの最初に戻られますか?